ラグドールと過ごすドタバタ日記


by ありす
カレンダー

☆動物取扱責任者研修。

昨日は、暖かくなると思って
薄手のコ-トを着て出かけたら

寒くて・・せめてスト-ルを持って出ればよかったと
後悔しました。


でも、雨も風もやんでいて
それは助かりました。


足は、靴を履くとやっぱり痛くて
痛くないよ。な顔をして歩くのは拷問に近かった。笑


せっかくの外出なのに
どこにも寄り道しないでまっすぐ帰宅となりました。



動物取扱業の研修は1年に1度は必ず受講することが
決められていますが

今回は

●動物取扱業の危機管理-大規模災害に備える


●動物愛護及び管理に関する法律について

でした。


三宅島雄山噴火災害、新潟県中越大震災、福岡西方沖地震
能登半島地震、東日本大震災、伊豆大島台風、熊本地震の際に
起こったペットの被災、避難事例などを紹介していただきました。


家にペットがいると
先ず、頭をよぎるのは動物同行避難の問題ですね。


大都会では困難なことも考えられますが
地域とのコミュニケーションが普段から密接に
行われているかどうかはかなり重要でありますね。


また、飼い主さんも日頃から気をつけたいことを
ご紹介します。

○ご家庭の事情で自分のペットちゃんが
誰かひとりだけに慣れているということは
多いと思いますが
出来れば特定の人だけでなく他の人にも友好的であってほしいです。
(避難所での生活では家族以外の人が交代でお世話をすることがあることや
保護された場合などがあることを考えて)


○きちんと準備をされておられる方も多いと思いますが
日頃から、水、フ-ド、ペットシ-ツ、薬、食器、キャリ-バッグ、リ-ド類等の
備蓄品を用意しておくことは大切ですね。

すぐに取り出せる場所に置いておくことも重要です。
また、フ-ドはドライタイプを用意することが多いようですが
水分補給なども考慮してウエットタイプを備蓄しておくといいそうです。


○実際に動物同行避難した場合
人命にかかわる状況の中、ペットを受け入れて下さった周囲の方々に
対する気持ちも考えた行動をしましょう。
(貴重な1本のペットボトルの水を大切な家族のペットに与えたい気持ちも
理解できますが周囲の状況をみて不愉快な気分にさせないような配慮が
必要であるとのことです)


他にもいろいろありますが
日頃から、避難訓練などもいいと思いますし
いざという時に備えて

自分の行動を
シミュレーションしておくことは大切ですね。




さて、今日のにゃんずです。

c0080132_12141096.jpg

きらりん☆とリカちゃんです。



c0080132_12144536.jpg

c0080132_12145722.jpg





c0080132_12151767.jpg

こちらは、うららん。


私の顔を見たら
たったったっとお城のてっぺんに上がって行きました。


そして、こんな格好でお待ちかね。


c0080132_12164334.jpg

c0080132_12165896.jpg

c0080132_12171038.jpg


ご機嫌なのは間違いありません。(*'ω'*)




それでは今日もよい1日でありますように。

c0080132_1222546.jpg

       明日もみて下さいにゃん。

にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ
にほんブログ村

いつもブログに遊びに来て下さってありがとうございます。
by little_alice | 2017-02-24 12:25 | ラグドール | Comments(0)