ラグドールと過ごすドタバタ日記


by ありす

おにぎりの想い出。

お昼にコンビニのおにぎりを食べながら
思ったこと・・・


私は、おにぎりを作るのが苦手。

コンビニのおにぎりの方が
よっぽどおいしいと思う。


食べる時に崩れないように・・・と思うせいか
どうしても、固くにぎってしまう。

三角にも俵にも、まるくだってにぎれるけれど

自分のにぎったおにぎりがおいしいと感じたことがない。


他人のにぎったおにぎりは食べられない。という方も
いらっしゃるかもしれませんが

私は、平気。



幼い頃、夕飯の支度をしている母の傍らで
歌を唄ったり
ぺちゃくちゃおしゃべりをしていると、

よく母が、余ったごはんで小さな味噌おにぎりを作って
口に入れてくれた。

それが、おいしくて
いつも、夕飯の支度をしている時に
おにぎり。おにぎり~と催促していたものです。



高校1年の頃
友だちが、毎日お弁当の他に
大きなおにぎりを持って来ていました。

母が作るおにぎりは、小さ目だったので
初めて見る大きなおにぎりに最初びっくり。


そのおにぎりが大きいのは訳がありました。


三角形のそれぞれの角に違った具が詰まっていたのです。
梅、おかか、鮭、シソの実・・・

どこから食べても違う味。

私たちは、池で餌に群がる鯉のごとく
4~5人で、ぱくぱくおにぎりに群がっていたのでした。




海で食べるおにぎり。

リュックサックの中で揺られながら
ちょっと変形した遠足のおにぎり・・・

さまざまなシチュェ-ションで
景色や笑い声に味付けされて

おいしさも倍増するんですよね。



いい大人になって

色々なおしゃれなおにぎりがお店に並ぶようになり

素朴なおにぎりが恋しくなりました。


そんな時、職場の先輩がお弁当に塩むすびを持って来ました。

真っ白なごはんにのりも巻いていなくて。


それが、すごくおいしそうだったんです。


しばらく、塩むすびに凝ってしまいました。笑




おにぎりって、料理のうちに入らないのかもしれないけれど
おいしいおにぎりをにぎれる人って

何でもおいしく作れるような気がする。


形だけにとらわれず
大切なひと、
食べる人を思いやってにぎる。ってことが

おいしさの秘訣なのかもしれませんね。





私の大切な宝物。
おにぎりちゃん。
c0080132_14442398.jpg


では、また~
今日もよい1日でありますように・・・

にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ
にほんブログ村


いつもブログに遊びに来て下さってありがとうございます。
by little_alice | 2014-06-30 14:50 | ラグドール | Comments(0)